Google Cloud Next '17 Tensorflow メモ

直ぐに使えるAPIもあるが、Googleが分からないこともある。

製造業のネジがいいやつか不良か? → これは自分のデータで学習するようにしないと無理。

TensorFlow → 機械学習の中でNo.1のリポジトリ(GitHubで)

TensorFlowはどこで動かしてもOK。でもGoogleは動かすの得意だよ。

キューピーの話。
現場力 * AIで企業価値を高める。

人 → 知力 + 体力
体力の機械化 → ロボット
知力の機械化 → AI

AIは使い物になるか? やってみないと分からない。悩む前にやってみよう。

ダイスポテトの変色(安全)を見つける為にAIを使う。
今までは不良品を判断→AIで良品を判断。
良品を学習させて作成。

Find Your Candyは全てオープンソース化。
ハードは$2500

転移学習

水産資源の乱獲防止の為にAIが使われている
クレジットカード不正利用防止

Google Cloud Next '17 メルカリセッションメモ

フリマアプリ メルカリ

データ分析基盤として使い始めた。

すぐに結果を得られるものを探してBigQuery。

インフラとして

イギリス市場向けに利用している。

如何に少ない人数でインフラを見るか。
プロビジョニングはAnsible使っている。

データ分析基盤として

ログをすべてBigQueryに。
エンジニア以外にも活用できるようにする。

Flat Rate契約(定額)
心理的障壁、機会損失をなくす。

インフラとして

GKEを使って構築
GCPのサービスを組み合わせることで、リアルタイムに色々出来る。
Pub/Sub, Dataflow, Dataproc, Datalab

便利マーク

Googleのサービスをベンチマークとする。
ex.Cloud Visionよりいい結果を内製で出せるか? 採用とかに関わってくる。

ソウゾウ

メルカリアッテ、カウルはGAE

GAEを使うと構成をシンプルに出来る

コスト面で強いのは、インフラエンジニアが必要なくなること。

Cloud Spanner強そう。

トーク

メルカリ

G Suiteを使うようにしている。
ハングアウト、Docsをリアルタイムに編集とか

ソウゾウ

GCPを使っている人が少なかったので、盛り上げる必要があった。

カスタマサポートがGAS, Slackとか使うようになった。

Googleには時差をどうにかして欲しい(ハングアウトのミーティングとか)

composerでLaravelをインストールする際にエラーが出る

久しぶりにやってたらエラー。
こんなエラーですね

  Problem 1
    - phpunit/phpunit 5.7.9 requires ext-dom * -> the requested PHP extension dom is missing from your system.

PHP 7系なので、以下のコマンドで完了。

sudo yum -y install --enablerepo=remi-php71 php-xml

早いところ、構築は自動化してイメージにするなりしないとな。

AWS EC2でnmap的なことをするにはAmazonさんの許可がいる。

golangの習作としてnmap的なものを作って実行していたらAWSからメールがきた。

github.com

確かにあまりお行儀がいい動きのプログラムではないが、外部公開の際はオープンしているポートは少ない方がいいので、調べる時もあるのではないか。
ということで、今回は大人しくフォームに書いてサブミットした。

メールもフォームも英語なのですが、無視しない方がいい(と思う)。

マネジメントゲーム研修を受けてきた

ちょっとした事情でマネジメントゲーム研修を受けてきた。

良かったところ

  • お金の流れが分かり易かった
  • バランスシートを作るなどするので本よりも実感が伴う
  • キャッシュないと給料が払えないなど、キャッシュの大事さが分かる
  • 研究開発など投資の重要さが分かる
  • 安売りは疲弊していくというのが分かる

マネジメントゲーム、なにやらソフトバンクの孫さんなどもやっていたとかいうものらしい。
ググると情報は出てくるのだけれど、マネジメントゲームというボードゲームをプレイし、その成績を記録していく。
元々はソニーが管理職不足の時代に研修として作ったとかなんとか。

このゲームは自分の会社の資産を増やすことを目的としたゲームで、1期が1時間。
これを4期分やる。
各期では成績をちゃんと記録するのでB/Sまで作るところまでやる。
これに時間も時間がかかるので、1日でも4期くらいのものなのだ。
11時間程の研修でかなり疲れると言えば疲れる。

さて、ゲームをしていて面白いことがあった。
具体的には2期で起きたことだ。
1期はチュートリアルで皆が同じことをして、2期からが本番。
そこで出たのは売ることの難しさだ。
売れないので安く売りに出す人が多かったのだ。
そうすると当然ながら利益は出ない。
また、皆が利益を出そうと立ち回ると市場が動かないことがあった。
ゲームなのでそこはイベントが起きたりしないと中々お金が回らない。
おー、本当にお金が動かなくなっている……

なんてよく言われていることがゲームの中ではあるが現実になり、その状況を実際に作ってしまっているのは自分たちという状態が出来上がったのだった。
そこで談合しようやら、失敗しそうなら会社を買ってもらおうなどの話が出たり…… なんとも不思議なゲームである。

今まで受けた研修の中でも面白く目に見えてわかり易いのでこれはおすすめ出来る研修だと感じた。

H2Oをインストールしてみる CentOS 7

時代が時代なので、そろそろサーバーはhttp2が前提にしたい。 そんなことを考えて導入テストを行っている。
yumでインストール出来るようにしてくれている人がいたので、それに乗ってみる。

github.com

まずはrepo追加

sudo vim /etc/yum.repos.d/bintray-tatsushid-h2o-rpm.repo
#bintray-tatsushid-h2o-rpm - packages by tatsushid from Bintray
[bintray-tatsushid-h2o-rpm]
name=bintray-tatsushid-h2o-rpm
#If your system is CentOS
baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/centos/$releasever/$basearch/
#If your system is Fedora
#baseurl=https://dl.bintray.com/tatsushid/h2o-rpm/fedora/$releasever/$basearch/
gpgcheck=0
repo_gpgcheck=0
enabled=1
sudo yum -y install h2o
sudo systemctl enable h2o.service
sudo systemctl start h2o.service

これでアクセスし、It Works!が出てたらまずは成功。
今後は色々動かせるようにしていく。

Go言語をインストール CentOS 7

公式に書かれているバイナリを入れるパターンで。 CentOSGCP(Google Cloud Platform利用)
Goは1.8.1を入れてみた。

wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.8.linux-amd64.tar.gz
tar -C /usr/local -zxvf go1.8.linux-amd64.tar.gz
sudo sh -c "echo 'export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin' >> /etc/profile"

バージョン確認

go version
go version go1.8 linux/amd64

さて、これから作っていこう。